生粋の体育会女子がニュージーランドに住む話

生粋の体育会系女子がニュージーランドに住む話

20歳までスポーツしかしてこなかったド体育会系女子がニュージーランドに渡り視野を広げる話。

生粋の体育会系女子が

ニュージーランドに住む話

〜どうせ国際恋愛とかもしちゃってんでしょ〜

オークランドに住んでみたらぜんぜん楽園じゃなかった

広告

最初の1ヶ月

ニュージーランドと聞いてどういうイメージをもつかというと、自然ラグビーって回答がほとんど。
 
私もNZの田舎町に短期滞在していた時に「こんな景色を毎日見られるなんて、なんて幸せなんだろう!」と思っていました。
 
景色に見慣れているヒゲは「そんなに言うほど?」と言っていましたが。

確かにNZの国土のほとんどはこんな感じなはず。 草原ー!海ー!!空ー!!!ってなります。水上スキーとかサイクリングとかサーフィンとか、やったことなくてもやりたくなっちゃう、ワクワクしちゃう。
 
田舎町だけじゃない。シティーを外から眺めるとこんな感じ。

黄色や緑や水色に輝く海の向こうに浮かぶように街が見えます。きれい!
 
 

オークランドの現実の姿

でもね、私が毎日オークランド市内で見てる景色はこんな感じなんです。

普通
すごく普通。むしろなんか汚いし暗い雰囲気だし、夜になると怖い雰囲気になるところも多々。
 
海を越えてシティーを出ることもそんなにないので、外から海に浮かんだシティーを見ることもほとんどなく、毎日同じ景色です。コンクリートジャングル。つまんなーーーい!
 
旅行に来てるわけじゃないもんね。
 
働きに来たわけなので、これが現実で、住み慣れてしまえば全てが当たり前に見えちゃうのは普通のことなのかもしれません。
 
メインストリートであるQueen Streetや湾岸エリアは多少キレイになってますが、正直東京の首都圏の方がずっと街並みは綺麗です。そして何より夜も明るいし安全。
 
 

天気がもうどうしようもない

4月にこの地に降り立った時、「きれいな国できれいな空が毎日見れるぞー!雲が近くて感動するぞー!」って思っていました。
 
実際、オークランドの冬は寒いし雨ばっかり降るので、日本の梅雨のような感じです。嵐、嵐、嵐。
 
川は氾濫するし、道路は水はけが悪いので水たまりだらけ。霧でフライトがキャンセルになるのもしょっちゅうです。
 
私が5年間住んだ筑波大学も霧で視界100mくらいになったり、嵐がくるとそこら中で湖になってたりしてたので「なんだか思ってたのと違うなあ」と正直思っています。
 
つくば在住の人!オークランドは英語圏のつくばだよ!笑
 
冬に来たらいかん。
 
 

オークランドはもっと現実的だった

海外に住む、NZに住む、オークランドに住む、ということについて、日本で描いていたのはまさに夢の国に移住するようなものでした。
 
なんでもかんでもきれいな世界だと思ってた。
 
そしたら数ヶ月で飽きちゃう程度の世界が待ってた。
 
仕事もしなきゃだし、買い物もしなきゃだし、税金のこととかも考えてると、日本にいた時とやってることはほとんど変わらないじゃないかと思っちゃう。
 
私が普段生活をしているエリアだったり、この街の存在だけみたらそういう感想です。
 
NZに来てNZらしさを思う存分感じたいのであれば、夏に来ること!
 
そして、時間が限られてるならオークランド市内になるべく短く留まるようなスケジュール組んだ方がいいですよーーー!