生粋の体育会女子がニュージーランドに住む話

生粋の体育会系女子がニュージーランドに住む話

20歳までスポーツしかしてこなかったド体育会系女子がニュージーランドに渡り視野を広げる話。

生粋の体育会系女子が

ニュージーランドに住む話

〜どうせ国際恋愛とかもしちゃってんでしょ〜

なぜ体育会女子は留学をしたのか?

広告

ニュージーランドに移住して2年目。

国内最大の都市オークランドのど真ん中でパーソナルトレーニングをしている私ですが、なぜ日本じゃなくて海外で働くことを考え始めたのか?

 

実はすんごいシンプルなことだった。

 

▼英語なんて興味なかった

自己紹介にも書いておりますが、私、19歳まで勉強とスポーツ(武道)しかしてこなかったんです。

 

小学校の時は週4で剣道をしていて、毎週末試合だったから正直どれが地区大会でどれが全国大会だったかも分からなかった。

 

高校は部活漬け、部活してない時は塾。 

f:id:fitfitnzlife:20180720161002p:plain

 大学入ってからも部活漬け。

 

19歳までパスポートも持ってなかったし、英語も喋ろうとしたことさえなかった。興味なかった。どうでもよかった。関係ないと思ってた。

 

こんな根っからの体育会女子が、なにがきっかけで留学なんてしようと思ったのか?

 

ブログを始めたばっかりの頃、こんな記事を書きました。

www.fitfitnzlife.com

 ここでは「同期のプロの子を見て、ここまで私はテニスに人生捧げたいんじゃないなって思ったから」って書いてます。

 

これ見て最近思ったことがある。

 

「理由、これだけじゃなかったな」と。

 

▼部活以外のことをやりだした

高校の時は親から「将来どうせ稼がなきゃいけなくなるんだから、一度しかない高校生活は部活で青春を目一杯味わいなさい。バイトなんかするくらいなら高校なんて行かないで仕事すればいい。」みたいなことを言われてました。

 

そういうのに背中を押されたのもあって、部活に没頭した。
好きだったから苦ではなかったです。
いろいろ部活のために悩むのもなんだかんだ好きだった。

 

今でも後悔はないです。

 

高校卒業して大学に行ったらもっと没頭した。

 

半年ほど経った時、やっと「部活以外のこともしてみよっかな」ってなった。

 

バイトを始めることにした。

 

これが転機でした。

 

そう、私はバイトがきっかけで留学を決意したんです。

 

▼使えないヤツ

勉強と部活しかして来なかった私が、社会に半分足を踏み入れて、自分がしたことに対してお金をもらうという行為をし始めた。

 

ボロボロでした。
お皿割ったり、注文間違えたり、頭の回転遅かったり。

 

勉強もスポーツも割とできる位置にずっといたんで、忙しくなるとテンパったりして全然使い物にならなくなる自分がいることに驚きました。

 

「あれ、私、学校の外だとカスじゃん」
って思った。

f:id:fitfitnzlife:20180720161353p:plain

自分のそんな新しい一面を知ってショックだったのもあるけど、それからだんだん「私このまま社会人になるわけ?」とも思い始めました。

 

部活だけしてても使えないヤツは使えないヤツのままないんじゃないかと思った。

 

学校の外のこともっと知らないとな、知りたいな

 

そう思ったのが全ての始まりです。

 

▼なんで留学なのか

学校の外に出たいだけなら、旅行でもボランティアでも休学でも何でもいいと思うんですけど、当時の私には留学にしか目がありませんでした。

 

なんでかははっきり覚えてないけど、筑波に交換留学のプログラムがたくさんあったことと、「将来どこでも使えるスキルって何かな」って考えた時に、医学英語だったんですよね。

 

医学が手っ取り早くできるものじゃなかったから英語にした。そんなもんでした。

 

当時は海外に住むつもりもなかったけど、その5年後にニュージーランドに渡りました。

 

今までがこんな感じだったので、5年後のプランなんか考えたって分かんないんですよね。

 

安定なんて求めてないし、求め始めたらいろんなチャンスを見逃すことになる。
先のことなんか決めてない方が楽だったりする。
人生って面白いよなあ。

 

安定ばっかり求めてこういうアドベンチャー感を楽しめない人生、嫌じゃないですか?

 

敷かれたレールを歩くのが得意でスポーツしかして来なかった体育会女子は、5年間でここまで自由に考えられるようになりました。

 

大人になるって楽しいなあ。